若妻人妻なんでもござれ 若妻も人妻も、幼な妻も団地妻だって、受けとめます
  1. 毎年3600万円もの利益を生む資産もってるのに法を破って人を

毎年3600万円もの利益を生む資産もってるのに法を破って人を

入院してそのまま帰らぬ人になったら二度と会えねえのになにいってんだおまえ?って感じだね。(妻の出産もしかり) たとえ命に別状ない入院だとしてもそんな人生で何回も入院するわけじゃないのになにいってんだろね。…


人妻というか未亡人属性に目覚めた原因だったことを思い出してしまった。


女同士の親子関係は微妙なんですかね・・ 血のつながりのある愛娘をかわいがる夫を見守る妻の目線を想像すると少し怖いです。娘も必要があれば母親を頼るけど、若さを武器にした娘の態度は母親を怒らせることがあって…


サラリーマンの俺、お小遣い制なんだけど 俺みたいな使い方している人そうそういないのではと思う 妻が食べに行きたかったウニ丼店で せっかくだから大盛り頼もうとしたら難色を示されたので 差額をお小遣いで払ったり 家族旅行中の食事で、ちょっと良い酒代もお小遣いからなどなど


羽生理恵さんの「お金のために頑張るなんて発想は全棋士の妻にない」という傲慢ツイに、賞金にロマン感じる棋士もいるって反論した漫画家が批難に晒されてるが、ロマンのあり方が人それぞれな時点で彼の意見は至極真っ当(私も反論したw)。 寧ろ理恵さんにそういう反論が少ない方が奇異なぐらいだ


「障害者は害のある者じゃない!障がい者と書け!」「妻のことを家内と言う男は、女は家の中にいればいいと差別している!」と言うが、こうやって騒いでるのと一緒で呼び方書き方が変わってもなにも変わりはしないし別に差別しようとして使ってるわけではない。なら風俗嬢も「癒し人」とか呼んでやれよ


又いとこは、あなたがあの人の妻になってとか言いそう、あの性格からして


天津風「……毎朝ごはん作ってるし、私、実質龍驤の妻なのでは?」 春雨「浦風、この人また変なこと言ってます、はい」 浦風「いつもの春雨みたいじゃのう」


キュン妻さんの3万4千人のフォロワーの実態の謎は気になりますが、日刊の画像を貼らずにブログリンクにしたことにより、お気に入りの数が激減してるので「無料でツイッターに流れてくる漫画」だからフォローしてる人が一定数いたのでしょうね…


とは言え、実にこれが難しい。私の妻が叫ぶように「憲法9条?それなあに?もしミサイルが漁船に当たって漁師の人が死んだらどうするの?それでいいの!」という叫びが日本国中に蔓延し、メディアがそれを煽る。私が想像する悪夢の世界である。だが、大いに日本ではあり得る悪夢の世界なのだ。


一眼とiPadとiPhoneを常に持ち歩きアートとスポーツとSTタイムズを読みふける私はSG駐妻界では「ひとり文春」と言われているかもしれない。そうだったら面白いんだけどそんな気の利いたコメント出す人はきっといない。


Rubyさん、手下じゃないけど私のとこの帰化人某妻がいい例よ。


王冠 (戴冠行進曲) エドワード8世の戴冠式のために作曲されたが、当の本人は人の元妻と結婚するため早々に退位してしまったので、代わって即位した弟のジョージ6世の戴冠に演奏された。 いつの時代もいるもんやな(しみじみ)←8世 6世→


人妻ちゃんさきありがと~!


いいこと?もちろん、人の妻と久しぶりにやり取りができたこと笑笑 リアルは那覇は運動会シーズンで運動会の練習を見てほっこりしたことかな?


人妻の唇って、やっぱりエロいですよ。。。